AROMATIQUE | C A S U C A (アロマティック カスカ)

製造工程

AROMATIQUE | CASUCAのスタイリング・インナーは、Filoscozia綿をイタリアから輸入するところから始まり、日本国内の工場でニッティング、そして縫製においても長崎にある株式会社タカギの工房で一人ひとりのスタッフが十台以上のミシンを使用し、すべての工程を手作業により完成させます。

株式会社タカギは1930年の創業以来、肌にいちばん身近な存在のインナーウェアだからこそ、優しく、着心地のいいものを提供したい、この思い一筋でレディースインナーの企画、開発、生産、販売を行ってまいりました。
AROMATIQUE | CASUCAの姉妹ブランドであるAROMATIQUE、そのコンセプトは違うものの、上質な素材へのこだわりと丁寧なものづくり、お客様の立場にたった販売を心がけています。
AROMATIQUEは、AROMATIQUE | CASUCAと同じく世界で唯一のブランド綿糸フィロスコッチア、また肌触りの滑らかなシルクやウール、厳選したスイスやフランス製のレースを贅沢に使用したインナーブランドです。
ヨーロッパの伝統ある天然素材ならではの上質なクオリティとコーディネートを楽しめる、まさに大人の女性のためのインナーウエアです。
屈指の糸をヨーロッパから取り寄せ、日本国内での生地づくりから自社工場での縫製まで、全ての工程にこだわり、安心で快適なインナーウエアづくりを追求しています。
2016年、安野ともこがデザインするジュエリーブランドCASUCAとコラボレーションすることにより、スタイリストの知恵とアイデアをふんだんに取り入れながらも機能性だけによらない、着心地の良さとシンプルな美しさを追求したスタイリングインナーAROMATIQUE | CASUCAをローンチ。
長い歴史の中で培った豊富な経験を活かし、新たな挑戦を続けています。